プラセンタ注射

 

ご存知でしたか?

 

プラセンタ注射をすると献血ができないこと!

 

万が一、家族が病気になった時でも献血することはできません。

 

さらに、骨髄移植も同じくできません。

 


では、なぜプラセンタ注射をすると献血や骨髄移植ができないのでしょうか?

 

気になったので調べてみることにしました。

 

 

プラセンタ注射をすると献血できないワケは?

 

献血

 

平成18年10月10日
厚生労働省の通達でプラセンタ注射をされた方は献血できないと発表されました。

 

プラセンタはヒト由来の臓器から製造されていますので、vCJP感染する可能性があるため日本では献血することは認められていません。

 

 

プラセンタ注射は骨髄移植もできない?

 

骨髄移植

 

結論から言うとプラセンタ注射した方は骨髄移植もドナー不適格となります。

 

ただし、他の治療法がない場合や緊急をようする場合にいたっては例外として、移植医から感染リスクなど詳しい説明の上、患者の同意を得られれば移植可能なケースもあります。

 

このことからも献血や骨髄移植はプラセンタ注射をすると日本では基本的に問題が生じるため注意が必要になります。

 

 

ですが、現段階での対象は注射薬のみとなっているので化粧品などに配合されているプラセンタは対象外です。

 

献血や臓器移植に問題のないプラセンタ

・化粧品
・サプリメント
・ドリンク剤

 

上記のように血液の中にプラセンタが投入されないものは対象外なのでご安心を!

 

献血の際は自己申告となりますので、その際には必ず担当者へ報告を忘れないようにしましょう。

 

馬プラセンタが豊富に入っている美容液はこちら
ヴァイナス化粧品※全75件口コミの評判を大暴露(画像付き)